進化する〝美容〟


時代や流行りと共に進化する僕達の本職である〝美容〟

 

昔と比べてどんな所が変わったでしょうか。

 

僕の中で浮かぶ昔流行っていた髪型と言えば、聖子ちゃんカットやソバージュ、ウルフカット、パンチパーマなどが浮かびます。

 

最近だとシースルーバングや2ブロック、刈り上げスタイルやハイレイヤースタイルが浮かびます。

 

 

髪型も時代によって変わりますが、実は変わっているのは髪型だけではありません。

実は使う薬剤や施術方法も一緒に変わっているのです。

では、具体的にはどの様な点が変わっているのでしょうか。説明させて頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

カラー剤

強アルカリ性のカラー剤しか無かったカラー剤は、最近ではオーガニックで作るカラー剤によって傷みや残臭を大幅にカットし、色味も人のメラニン色素に合わせて綺麗に発色してくれる物が増えてきています。

オーガニックとは、人の手の加わっていない野山で採取されたハーブを使った天然成分で作られたものです。

アルカリはどうしても含まれてしまいますが、科学的な成分が非常に少ないのでその分髪への負担も少ないです。

また施術方法としてはグラデーションカラーという、毛先だけカラーリングする施術方法も流行りの1つです!詳しくは(こちらをご覧下さい)。

 

 

 

 

パーマ液

昔はパーマをかけると強くかかりすぎてしまう上に、洗っても洗ってもパーマ液の匂いが残ってしまいました。

しかし現在では化学薬品扱いのものではなく、化粧品扱いのものが増えてきていたりします。

パーマ液もオーガニックで作られているものもありますので、残臭も少なく傷みも最小限に抑える事ができます。

また施術方法としてはグリグリにかかるパーマではなく、ナチュラルなパーマが増えています。

ポイントパーマといって、トップや前髪だけにパーマをかけたりと部分的なパーマもする方が多いです。

巻くロッドを太くすることによって回転数が少なくなるので、毛流れを表現しやすくなるのが特徴です。

 

 

 

 

縮毛矯正剤

縮毛矯正の薬剤もオーガニックのものや化粧品扱いのものがあります。

昔の縮毛矯正では、髪がパキーンとまっすぐになりすぎてしまった方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

それが流行っていた時代もありました。

しかし現代の施術方法としては昔のように板に髪を貼り付ける方法ではなく、ストレートアイロンの熱のみで髪を柔らかく伸ばす方法が一般的です。

COFFRETでの縮毛矯正では当店独自の施術方法でナチュラルだけど髪はまっすぐという水準の高い方法でやらせて頂いています。詳しくは(こちらをご覧下さい)。

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

時代の変化と共に進化する薬剤、施術方法について説明させて頂きました。

美容業界は流行りを追いかけて、流行っているものに対して新しいものやニーズがどんどん出てきます。

もちろん僕達美容師もそれを追いかけて、要望があった時に対応出来るように勉強します。

流行りは終わった後にまた巡るので、パンチパーマやウルフカットなどのスタイルが流行る時代がまた来るかもしれないと思うとワクワクしますよね!

 

 

 

 

ブリーチについては(こちらをご覧下さい)。

 

『札幌の人気美容室』

COFFRET-hair artistic-

〒064-0804

札幌市中央区南4条西2丁目セントラルs4ビル5F

TEL 011-206-1967

FAX   011-206-1968