ウルフスタイル


2018年は男女共にウルフスタイルが流行します!!

ウルフスタイルは2000年前半に人気となったヘアスタイルの一つで当時はシャギーカット(今で言うスライドカット)のカット技法で縦長でネープ(襟足)とフロント(前髪)が長めのトップ(頭頂部)が短めのくびれと外ハネが強調されたスタイルでした。

そして、2018年のウルフスタイルは丸みとくびれのある今っぽさを残したリニューアルスタイルです。

男性はネープ(襟足)とサイド(耳周り)に外ハネをつけられる程度の長さでネープ(襟足)とミドルに長短を付け過ぎないレイヤーonグラをベースとしたトップ(頭頂部)が長めのパーマスタイルに人気が集まりそうです。

女性は男性と同様にレイヤーonグラをベースとするのですが、形は様々で主にボブスタイルやショートスタイルにウルフスタイルの要素を入れていくのではないかと思います。

そして当時と違うのはやはりスタイリングです。

今流行のウェット感やツヤ感はそのまま残した、くびれと丸みがあるウルフスタイルになりそうです。

こちらが2018年流行するヘアスタイルの一つです。

 

毎月のスケジュールについては(こちらをご覧下さい)。

 

『札幌のすすきのにある一流美容室』

COFFRET-hair artistic-

〒064-0804

札幌市中央区南4条西2丁目セントラルs4ビル5F

TEL 011-206-1967

FAX   011-206-1968